青汁の食物繊維でお通じがスムーズに

青汁に入っている食物繊維のお話



青汁をシンプルに表現すると、まさに「野菜自体」となります。 昨今の私たちの食事内容と来たら、圧倒的に野菜が足りていません。思わず、「考えるのは後にして、飲んでみてよ」と言ってしまいそうになりますが、それでは青汁のたくさんあるメリットが伝わらないですよね。

青汁にはたくさんのメリットがありますが、「食物繊維を含有している」ということもそのひとつだと言えます。一般的には食物繊維がたっぷり入っているといわれる青汁ですが、基本的にはどの商品も一杯の中に1、2グラム前後が平均でしょうか。食物繊維がどーんと含まれている、というにはちょっと難しいかもしれませんが、その自然なところが青汁の長所ともいえます。

人の体というのは不思議なもので、どんなに体に良好な栄養成分だとしても、それだけを固形にして口にする事が健康につながるかと言われれば否です。

たとえば栄養補給のために私たちは、体が欲する成分をぎゅっと固めたサプリメントを活用しますが、それはナチュラルな食材から取り入れることと同義ではないため、場合によっては取りすぎが問題になることもあります。

その点、青汁のケースでは、野菜や植物の葉を丸ごと粉末に変化させることによって体に自然と馴染むようになっていますから、毎日のお通じがスムーズにやってこない人にオススメな飲み物だと言われています。これは青汁の中に入っている食物繊維が腸を刺激することによって、スムーズなお通じに繋がる、といった事が期待できるからです。

とはいえ青汁だけ飲んでいればどうにかなるということではありません。あまりに頑固な便秘症の方は、生活習慣の見直しや食生活の改善などで、体質を根本的に換えていく必要があるでしょう。

また青汁だけではなく、青汁以外の栄養補助食品を利用することがお勧めになるケースもあるようです。青汁があれば大丈夫、といった依存はリスクを生む事があります。具体的に食物繊維がどのような働きをするかというと、腸の中で体積を増やす効果を持つ、といったイメージをしてみて下さい。

例えば衣類というのは水を吸い込むことによってそのカサを増やしますよね。それと同様に、食物繊維は水分を取り入れることによって大腸の中で体積を増し、お通じにつなげてくれる効果を持っています。他の働きでは、体に有害となる物質を繊維にくっつけ、体外に排出する効果や、腸の中にある善玉菌を増やす効果なども有名です。

肉類などの脂質やスナックフードやファストフードなどがお好きな方、炭水化物が特に好きだといった食生活のバランスが偏っている方には、特に青汁はお勧めの健康補助飲料と言えるでしょう。
大分健生病院

青汁で腸内バランスを整え美肌に繋げる

青汁を飲む事で得られるメリットはたくさんありますが、お肌トラブルの改善や、肌荒れを防ぐということもそのひとつに挙げられるでしょう。理由は青汁を飲む事で、不足しがちな野菜の栄養分をフォローする事ができるから、といったことになります。

青汁というものはビタミンやミネラルがたっぷり入った野菜そのものだと考えておいて下さい。野菜の中にはビタミンミネラルだけではなく、食物繊維が含まれていますので、腸の中の不要なものを排出しながら、栄養成分の吸収をサポートしてくれます。とはいえ青汁の効果は即効性ではありません。お肌の生まれ変わりには一定の時間が必要なため、毎日継続して飲む事が大切になってくるでしょう。

ところで近頃人気の青汁には、青汁に良く使われている植物以外のものが入っているものもあります。そのひとつが「乳酸菌」を配合した青汁です。乳酸菌は腸内にある悪玉菌を抑制し、善玉菌であるビフィズス菌を増加させる働きを持っています。元々青汁に入っている食物繊維と乳酸菌の活躍で、しっかりと腸内を整えてくれるでしょう。

また青汁をアレンジして食べる時に、ヨーグルトに入れている人も少なくありません。ヨーグルトにも乳酸菌が入っておりますので、美味しく青汁を摂取できるうえに、お腹にも良いという一石二鳥の摂り入れ方だと思ます。

他には、青汁の中にコラーゲンを入れた商品などが女性に支持を受けています。乳酸菌とコラーゲンを含んでいる上に、ビタミンも強化している青汁は、完全に「美肌」を意識した商品です。青汁に含まれる食物繊維で腸内をきれいにし、ビタミンをしっかり体内に摂り込みしやすくしてからの、コラーゲンをプラスした青汁です。その上口当たりもよいと聞きます。青汁とコラーゲンを同時に摂取できるのは、お肌にとってうれしいことですよね。

美肌効果だけではなく、ダイエットにも青汁は向いています。ダイエット中の偏ってしまった栄養素を青汁で補いながら痩身を目指す…、体の中から美しくなれると評判です。

近頃では自分の足りていない栄養成分をサプリメントで補う人も増えてきました。体の中には栄養素が足りていない、と自覚する人がそれだけ多いということです。勿論食生活のみでカバーできればベストですが、食事が欧米化に進んでしまった今、食事だけで栄養を取り込むのは困難だと言われています。健康も欲しいけど美味しいものも口にしたい、そんな昨今だからこそ、青汁人気が高まっているのかもしれませんね。

今まで飲んできたサプリメントの種類を少なくするためには、青汁の中にどのような特性があるのか確認する必要があります。青汁の持つ元々の大きなメリットは、足りていない栄養のフォローと、腸内環境を整え、美肌に繋げることです。手に入れたい効果を考えながら、自分に合った青汁を探していきましょう。

青汁が持つ美と健康の効果とは

「青汁はダイエットに効果的」、これはよく耳にするフレーズです。青汁の中にある食物繊維が理由だと思われますが、どのメーカーの青汁にもこのようにダイエットに向いた栄養成分が含まれているわけではありません。ですからダイエットをする人のサポート飲料、として青汁を考えるのがちょうど良いと思います。

とはいえ青汁に良く含まれている、「明日葉」「桑の葉」には実際に、「痩身効果」を持つ栄養が入っているようです。上記でも触れましたが、青汁に含まれる食物繊維は、便通をスムーズにしてくれる効果を持っています。

食物繊維を体に取り込むことによって、腸は活動的になり、また体に害を持つ物質を取り込み体外へと排出する働きを担っていますので、便秘の改善が期待できるのと同時に、美しいお肌を手に入れる事が出来ると考えられているようです。

食物繊維以外にも、青汁はビタミンやミネラルをたっぷり含有しています。ダイエットを進めている際にはどうしても栄養が偏ってしまいがちですが、不足している栄養を補ってくれることも期待できるでしょう。

食物繊維を体内に取り込むことによって、腸内で食物繊維はふくらみスムーズなお通じへと繋がるわけですが、便秘が解消されるということは、ダイエットに有効なだけではなく、健やかな毎日にも大切なことです。便が体内に残ったままでいることは、大腸や胃などにがんを生み出すきっかけとも言われています。

ですから青汁を飲むことによって、スムーズなお通じへと繋げることは、重大な病気のリスクを減らせることへも繋がるということなのです。健やかな体作り、長生きをするためにも、毎日の食生活に青汁をプラスすることはメリットが大きいように感じます。

また、人ががんになってしまうきっかけのひとつは体内組織が錆びてしまう、活性酸素が問題だと言われているようですが、青汁含有のベータカロチンとビタミンCは、問題の活性酸素が活発になることを抑制してくれる、抗酸化作用を持っていると言われているようです。野菜そのものである青汁を毎日摂取することによって、体内が酸化してしまうのを避けることができ、がんが生まれ辛い体環境にする事が出来るでしょう。

例えば青汁に入っているケールという植物が含有している成分のひとつが、血液をキレイにしてくれる栄養成分ブラジンです。ブラジンは個性的な匂いがしますが、青汁に加工することによって飲みやすい味に調えられています。とはいえ多少は青いような匂いが鼻をつきますが、それこそが体にいいといわれる薬の味だと割り切って、頑張って飲んでみて下さい。

血液がどろっとしてしまうと、血管年齢を上げてしまい、体全体が病気にかかりやすい状態になってしまいます。ちなみにメタボ体型の方に、どろどろ血は流れていると耳にします。青汁を飲む事で血管の錆を落とし、体内を若くハツラツとした状態に戻してくれます。まさにアンチエイジング効果を持っている、と考えて良いと思います。

活性酸素の活動を抑制するベータカロチンとビタミンC、美肌やダイエット効果も期待できるビタミンやミネラル、便秘解消に一役買ってくれる食物繊維と、女性には特に嬉しい栄養成分が青汁には含まれているのです。

体の中から美しく、そして健康に。毎日の食生活ではなかなか摂取できない野菜は、青汁でサポートしてみましょう。野菜をしっかり取れた毎日を続ける事で、今の美しさや健康をキープすることに、大きな一歩を踏み出せます。

青汁で進めるダイエットとは

青汁をダイエットのために飲んでいる人はたくさんいます。ダイエットと青汁にどのような関係があるのかというと、その理由はひとつではありません。例えば青汁に含まれている食物繊維です。食物繊維はお通じを良くするためには必要不可欠なものといえます。便秘を改善することと新陳代謝を活発にすることは、ダイエットの基本中の基本です。

代謝がアップするということは体に不要な脂肪が付く事が減ること、そのためダイエットもスムーズに行えます。直接脂肪を落とすというよりも、脂肪をつきにくくする体作りのサポートをするという点では、ワンクッションを置いた痩身効果を持っている、ということになるかもしれません。

また、セルライト脂肪を分解する働きを持つのが明日葉です。青汁の中に入っている明日葉が含有するカルコンという成分はフラボノイドの仲間ですが、これが下半身に付着しやすいセルライト脂肪を分解してくれます。こちらはダイレクトなダイエットだとも考えられるでしょう。

また利尿効果を持つカリウムは体のむくみをスッキリさせてくれるという働きを持ちますので、外見のダイエットにも有効です。-デオキシノジリマイシン(DNJ)という成分を豊富に含む桑の葉などは、脂肪が体に溜まってしまうのを抑える働きを担っています。 ワンクッションおいてのダイエットだけではなく、ダイレクトなダイエットにも、青汁は適していると言えるわけです。

ところで時々青汁を持って置き換えダイエットをするかは可能か、といった話を耳にする事があります。この方法は余りお勧めできるダイエット方法とは言えないでしょう。バナナや豆腐、プロテインなど、一回の食事の代わりに置き換えるダイエットをしている人はたくさんいますが、中でもプロテインなどは食べたときの満足度も良く、体を機能させたり、実際に体を動かすためのエネルギーがしっかり入っています。

ですが青汁はただの野菜です。エネルギーとして青汁を飲むということは、空腹感、エネルギー源として物足りなさを感じます。もしも余りそういうことは気にならない、空腹感も問題ないといったケースでは、一回の食事程度なら置き換えても問題はないかもしれません。

ひとつ覚えておきたいことは青汁を飲むだけでは痩せられないということです。生活習慣や食生活を整えて取り入れる青汁が、ダイエットをスムーズに進めるためのサポートとなります。そして青汁は、痩身だけを目的に飲むのだとしたらもったいない飲み方をしているともいえるかもしれません。

青汁の中に入っている栄養成分は、体をさび付かせない成分もたっぷり入っていますので、美容や健康のアンチエイジングにも大変有効なのです。他にもデトックス効果なども持つ青汁ですから、上手に自分に合った青汁を見つけ、健やかな体作りに上手に活用していってくださいね。

↑ PAGE TOP